カテゴリーアーカイブ Slider

著者:snell2019

MTB BLACK、それともMTB-X? 1分で診断します。

MTB BLACKもXも、ドライバーがダントツに飛ぶことはご存じかと思います。
でも、細かい違いがよくわからないし、説明を読むのもめんどくさい……。
そんなあなたにピッタリの、ボールマッチング診断ツールです。

MTB BLACK or X マッチング診断
MTB BLACKとMTB-X、どちらがマッチする?
1分で診断します!
著者:snell2019

スコアを3打縮めるゴルフボール

グリーン周りでしっかりスピンの効くボールを使えば、効くボールを使えば18ホールでスコアが3打縮められる可能性があります。

まずは次の動画をご覧ください(58秒)。

プロの試合でよく見かける、狙ったところにしっかり止まるアプローチ。
あのボールが打てるのは、技術があるからだけではありません。
止まるボールを使っているからです。
逆に言えば、いくらプロでも、スピンが効かず、グリーン上でグリップしないボールを止めることはできません。
「自分は下手だからどんなボールを使っても同じ」 と考えているあなた、ちょっと待ってください!
18ホール中、一度もパーオンしないと仮定しましょう。 ということは、少なくとも18回アプローチが必要です。
アプローチでよりカップに近いところで止まる球が打てれば、間違いなくパット数を減らすことができます。

スネルゴルフ公式オンラインストアで買う

スネルゴルフの公式オンラインストアにリンクします。

最寄りの取扱店舗を探す

スネルゴルフウェブサイトの取扱店舗一覧にリンクします。

アプローチがカップの近くに止まるかどうか、そして止まる場所もカップの手前に止まるのか、奥につくのかで1パットの可能性が大きく変わります。
HDCP18のアマチュアを例にとって考えてみます。HDCP18というと、平均スコアが95前後のゴルファーです。
HDCP18のプレーヤーは平均すると1ラウンドで18ホールグリーンを外します。ということは18回アプローチをすることになります。
普段止まらないボールを使ているとすると、アプローチがカップの手前につく確率が(手前が9回、奥が9回)程度でしょう。
しかし同じゴルファーがスネルのMTB BLACKやMTB-Xなどのスピンの効くツアーボールを使って、いつもならカップの奥に行ってしまうアプローチが2/3の確率(9打のうち6打)で手前に止まるとします。そのアプローチが1/2の確率(6打の半分)で1パットが決まれば18ホールで3打縮まる計算になります。

しっかりスピンの効くツアーボールを使えば、今とアプローチの技術は全く変えずに、1ラウンドで3打縮められる可能性があるのです。

スネルゴルフ公式オンラインストアで買う

スネルゴルフの公式オンラインストアにリンクします。

最寄りの取扱店舗を探す

スネルゴルフウェブサイトの取扱店舗一覧にリンクします。

著者:snell2019

MTB-Xはmygolfspy誌の調査で飛距離ナンバー1を獲得

スネルゴルフのMTB-Xは、米国のゴルフ専門オンラインマガジンMyGolfSpy.com(マイゴルフスパイ)誌が行った、2019年モデルのゴルフボール比較テストにおいて、「ドライバー飛距離」と「総合的なお買い得感」の部門で、1位を獲得しました(2019年4月29日発表)。
MygolfspyによるMTB-Xの評価

スネルゴルフ公式オンラインストアで買う

スネルゴルフの公式オンラインストアにリンクします。

最寄りの取扱店舗を探す

スネルゴルフウェブサイトの取扱店舗一覧にリンクします。

Mygolfspyの日本語サイトに、テストの方法や結果が詳しく説明されています。
こちらのリンクからご覧ください。

著者:snell2019

間違いだらけの ゴルフボール選び

ゴルフクラブの知識は豊富だけれども、実はボールのことはあまり詳しくなかったりしませんか?
詳しくないだけでなく、もしかすると間違った知識をお持ちかもしれません。

さて、あなたのゴルフボールに関する知識はいかほど?
ここに簡単なテストを5問用意しました。
チャレンジしてみてください。

スネルゴルフ公式オンラインストアで買う

スネルゴルフの公式オンラインストアにリンクします。

最寄りの取扱店舗を探す

スネルゴルフウェブサイトの取扱店舗一覧にリンクします。

著者:snell2019

冬場は室温に保ったゴルフボールをコースで使うのがベスト

東海岸はこの時期になると日ごとにどんどん気温が下がってきます。

外は寒いです。

日が短くなってくると、こんな疑問を持つ人もいると思います。

気温によってボールを変えるべきか?

ゴルフボールは21度から32度(摂氏)で最適な性能が出るように設計されています。

ボールの温度を21度から32度(摂氏)に保てれば、ベストな状態で性能を享受できるわけです。

カバーの温度が21度を下回ると、少し硬くなり、少し初速が落ちます。

カバーの温度が32度を上回ると、少し柔らかくなり、少しスピン量が増えます。

私は、寒くなったりなど気温の変化によって、使うゴルフボールを変えることはお勧めしません。
その代わり、ボールを室内に保管してください。

外に置いたゴルフバッグの中や車のトランクに入れた状態だと、
気温が5度になれば、ボールの温度も5度になり、ボールの性能が十分に出なくなってしまいます。

しかし室温にキープされた21度のボールを持っていけば、コースに出た時点ではボールの温度は21度です。

私のアドバイスは、ボールをポケットの中に2、3個置くこと。
できれば、スキー用の手袋の中に入れておくとよいでしょう。
そうすれば、温かい状態を長くキープできます。

ボールはすぐに外気温と同じ温度まで下がるわけではありません。

ボールの温度が21度の状態でプレーを始めれば、5度の状態までは下がりません。

しかし5度のボールでラウンドを始めたら、21度になることはありません。

ですから、室内で保管したボールを持って、コースに出ることをお勧めします。

気温が違うからと言って、いつもと違うボールを使うのは得策ではありません。

ゴルフボールの性能は、ティーショット、グリーンを狙うショット、アプローチそれぞれで最高の結果が出るように設計されています。

寒いからと言って柔らかいディスタンスボールに変えると、ツアーボールの持つショートゲームのスピン性能を諦めなければなりません。

ですから、室温に保ったいつものボールをコースに持っていき、2、3個を温かい手袋に入れてホールごとに取り換えるとよいでしょう。

もしあまりに寒ければ、ラウンドはあきらめましょう(笑)。