Q08 – ゴルフボールのシーム(継ぎ目)は性能に影響しますか?

(質問)
私が最後に使ったシーム(継ぎ目)のあるゴルフボールはPentaでした。
MTBは最高のゴルフボールかもしれませんが、いまだにシームが存在するという点が納得できません。ゴルフボールの置き方によってはシームがボールの飛び方に影響する気がしていますが、実際はどうなのでしょうか。

(ディーン・スネルの回答)

※2016/11/20更新
先日行われたライブにて、ディーン・スネルが直接動画でこの問題に答えております。


更新部分はここまで※

シームに関する質問はとても興味深いものです。いつも不思議に思うのですが、二つのものが接着または化学的に結合された時に、いったいどうやって継ぎ目を無くすのでしょうか。言いかえると、継ぎ目なしにカバー内側にコアやマントルを入れるのでしょうか。
全てのゴルフボールにはシームが存在します。一見シーム無しに見えるゴルフボールは、図のようにシームをジグザクに配置することで、シームが目立たないように作られているのです。

ゴルフボールのシーム(継ぎ目)を目立たなくする方法について

ゴルフボールのシーム(継ぎ目)を目立たなくする方法について

カバーを組み合わせた後に接合部を研磨しますが、それでもシームは存在しています。
性能に関してもお答えします。USGAはとても厳しい対称性テスト(Symmetry Test)を行っており、認可を受けるにはこのテストをパスしなくてはなりません。当社のゴルフボールはロングドライバーショット(例えば290ヤード)でどの向きでボールをティーアップしたとしても飛距離は同じです。現在売られている全てのボールは距離と対称性において優れています。スネルゴルフのディンプルパターンは、当然この対称性テストをパスしています。
安心してお使いください。

スネルゴルフのツアーボールを直営ストアで購入する
スネルゴルフジャパン直営ストア(Yahoo!ショッピング)

お近くの販売店舗を探す
スネルゴルフ取扱店一覧

Q&Aの一覧に戻る