止まるボールと止まらないボールの性能比較

「アマチュアこそツアーボールを使うべき」 スネルゴルフはそう考えています。

プロの試合でよく見かける、狙ったところにしっかり止まるアプローチ。
あのボールが打てるのは、技術があるからだけではありません。
止まるボールを使っているからです。

逆に言えば、いくらプロでも、スピンが効かず、グリーン上でグリップしないボールを止めることはできません。
「自分は下手だからどんなボールを使っても同じ」 と考えているあなた、ちょっと待ってください!
18ホール中、一度もパーオンしないと仮定しましょう。 ということは、少なくとも18回アプローチが必要です。
アプローチでよりカップに近いところで止まる球が打てれば、間違いなくパット数を減らすことができます。

さて、アマチュアがボールを止めることができるのか? もちろん、できます。(ミスの場合は除きます) では、止まるボールと止まらないボールで、どれくらい挙動が違うのか、テストしてみました。
状況は30ヤードのアプローチ、使ったボールは、
・スネルゴルフのMTB(スピンの効くツアーボール)
・2ピースボール(アプローチでスピンの効かないボール)です。

でもツアーボールは高いし……確かにその通りです。 しかし、スネルのMTB BLACK/REDは他社のツアーボールと同等、またはそれ以上の性能で価格は1ダース4200円(税抜) しかも耐久性抜群なのです。